鯵のスパイシーパリパリ焼き

鯵の名前は「味が良いから」という由来を持つほど、美味しい今が旬の鯵を、ウスターソースとニンニクで一晩漬込み、パン粉をのせてパリパリに焼き上げました。

台所で火を使うのが辛いこの季節。

調理はオーブンに任せて、美味しくてスタミナと栄養たっぷりの食事をしっかり摂りましょう!

鯵(三枚おろし)
6枚
ウスターソース
50ml
ニンニク(スライス)
1片(約5g)
パン粉
20g
1個
パセリ
適量

■作り方

①ビニル袋に鯵、ウスターソース、ニンニクを入れて口を縛り、一晩冷蔵庫に置く。

②オーブンを180℃に予熱する。

③卵を溶き、①をくぐらせ天板に並べる。

④パン粉を上から振りかけ、オーブンで20分焼く。

⑤お皿に盛り付け、パセリを散らし、お好みでオリーブオイル(分量外)を回しかける。

【調理時間30分】

■ポイント

ウスターソースは魚の臭みを取ってくれますので、秋刀魚、鰯、鯖などの青魚でも美味しくいただけます。

谷上幸 料理教室 kitchenstudio日々 Instagram

https://instagram.com/kitchen_studio_hibi?igshid=1ldactmpk9l1c