株式会社ナカショク

岩手県

自己紹介

ナカショクは岩手県大槌町にある魚介類の冷凍食品の製造及び販売を行っている会社です。 1999年9月1日に地元の美味しい食品を加工してもっと多くの人に知ってもらいたいという想いから創業しました。2011年には東日本大震災の津波の被害を受け全工場が被災。従業員は失意のどん底の中、工場再建を行いやっとの思いで商品を再出荷できるまでに立て直しました。企業として震災を乗り越え20年以上続く事ができたのはひとえに商品をリピートし続けて頂けたからです。
現在着工している新工場は、鮮度を保つための新しい冷凍技術の凍結庫などを導入しております。 これにより解凍する際のドリップが出にくいことと、品質の低下を防ぐことができます。 また、ランニングコストを抑えることにより商品販売単価を下げることも可能になりました。

 

わたしたちのこだわり

三陸のわかめは品質共に全国的に有名です。わかめは北上する程肉厚で歯ごたえが良いため、浜からあげてすぐに加工をしています。その他にもホタテやスルメイカなど近海で取れた海産物を自社工場ですぐに加工しています。通常わかめは、熱を加えると黒く変色してしまいますが、ナカショク自慢のわかめのから揚げは独自の技術で打ち粉をし、急速冷凍をすることによりさらに緑へと発色し、サックサクの食感になります。おつまみにおやつに最適な商品です!!

みなさまへメッセージ

三陸の浜からあげたばかりのものを加工しているので風味満点です。急速凍結の環境下に均等磁束と電磁波を加えて凍結(冷凍)することで、食品・食材の鮮度や食感、風味を維持する冷凍技術を取り入れていますのでご家庭でも美味しく味わうことができます。大槌町復興の象徴として海の幸をブランド化し、全国展開するためにエドノイチと連携して事業を行っていくことで三陸の美味しい商品を販売していきたいと思います。

この生産者の商品

もっと見る
Loading component ...