イチカワファーム

青森県八戸市

◆自己紹介

はじめまして。イチカワファームの市川です。
弊社の牧場は青森県八戸市の沿岸部にあり、約1200頭規模の肉牛の肥育を行っております。
沿岸部のため雪が少なく通年涼しい環境で牛にストレスを与えることなく快適に過ごせる環境で育てています。
風通しも良く衛生面でも好立地な場所です。

=安心安全の日本産牛肉と交雑牛を使用=
日本の牛は1頭1頭全てに個体議別番号という10桁のナンバーを付けることで出生から加工までを管理されています。
この番号は加工後、精肉のパッケージにまで記載されているので消費者の手に渡るときに、スマートフォンや
インターネットでも出生から加工まで、出生地、育成地を手軽に調べることが出来る日本独自のシステムになっています。

◆わたしたちのこだわり

*オリジナル飼料と肥育方法
弊社ではオリジナルの飼料を毎日決まった時間に決められた量の餌をマニュアル通りに与えています。
こだわりの飼料には、交雑牛向けに無駄脂を軽減するようなバランスに配合されており、力がありながら喰い込みに飽きが来ないように設計されています。
床の汚れはこまめに綺麗に掃除して快適な環境で愛情込めて育てています。

*U-motionの活用
「U-motion (ユーモーション)」とは牛の首輪に付ける「採食・飲水・反芻・動態・横臥・起立」などの主要な行動を記録できる装置です。
行動をリアルタイムに分析、見てない時間も可視化でき、今まで見逃されていた健康状態の変化や発情を検知します。
弊社では、試験的に「U-motion 」を導入し、24時間牛の小さな声を鋭く観察しています。

◆みなさまへメッセージ

手塩にかけた「箱入り娘。」なんです。
八戸毬姫牛は雄の黒毛和種と雌のホルスタインを掛け合わせた交雑牛で、雌牛のみを肥育しています。
きなこや八戸ワイナリーから出たブドウの絞りかすなどを配合したオリジナルの餌を与え、昔から雌の交配を得意としていた秀魔さんの経験も生かしながら、ていねいに育てています。

イチカワファームでは飼育方法をマニュアル化し、上記飼料健康状態を24時間監視と、牛たちがのびのびと育つよう、環境面や衛生面にも気を配っています。
徹底した管理のもとで、一頭一頭に愛情を注ぎながら肥育された秘姫牛は、まさに箱入り娘。
ちなみに、「継姫牛」という名前は南部地方の伝統工芸品「南部姫毬」が由来です。
南部姫毬は、邪気を払い、福寿開運のお守りとして親しまれてきたもの。雌牛の柔らかさを連想させながら、地元八戸を大切にしたいという思いで名付けました。

是非毬姫牛を食べてみて頂きたいです。

この生産者の商品

もっと見る
Loading component ...